ヘアマニキュア 白髪|白髪 悩み

白髪の原因やメカニズムから、白髪予防・改善方法・白髪用のカラートリートメントまで、白髪の悩み解消方法などを総合的にご紹介!

ヘアマニキュアと白髪

白髪の悩み解消ガイド04

ヘアマニキュアの白髪染めは、髪を脱色せずに、髪の外側に色素を吸着しコーティングします。

脱色しないため、ツンとした嫌な匂いが無いもなく、髪や地肌に優しいのが特徴です。

手軽に染められ、髪が傷まない方法ですが、色が長持ちしない欠点があります。

ヘアマニキュアタイプの、白髪染めとしてオススメなのは、白髪用 利尻ヘアカラートリートメント、カラードボーテ、ピュアハーバルヘアカラーも白髪染め レフィーネなどです。

1回の使用だけでは色は長持ちしませんが、トリートメント効果がありますので、定期的に使用することで、継続的にキレイな髪色を保つことができます。

ヘアマニキュアタイプの場合、脱色しませんので、黒髪部分は染まらず、白髪だけが染まります。

白髪とヘアカラー

白髪の悩み解消ガイド13

ヘアカラーは、一般的には髪の色を脱色し、内部にも色素を入れる方法です。

白髪部分だけでなく、黒髪の部分も脱色してから内部に色を入れるため、全体がキレイな色に染まり、色が長持ちしますが、髪や頭皮にダメージがあります。

ヘアマニキュアでは、黒髪を薄い色合いにすることはできませんが、ヘアカラーの場合は、全体を薄い色合いなど、好みの色合いにすることができます。

ヘアカラーの場合、自宅でできるものもありますが、髪や地肌へのダメージを抑えてキレイに染めるためには、美容院などで染めてもらうのが無難のようです。

髪に伸びてくるのに合わせて、定期的に美容院に通って染める必要があり、繰り返しそめることで、髪と地肌のダメージは避けられないデメリットはあります。

白髪用のヘアマニキュアの注意点

白髪の悩み解消ガイド02

白髪染めの場合、ヘアマニキュアタイプとうたわれていても、ヘアカラー剤とヘアマニキュアの混合タイプであることも多く、注意が必要です。

ヘアマニキュアタイプであるのに黒髪の部分までキレイに染まる場合、脱色するための薬剤が入っていて、髪や地肌を痛める危険性があります。

パッケージを良く確認する他、インターネット上の口コミ情報などで、商品の使い勝手など、実際に使用した人の意見を聞いてから使用する方が良いかもしれません。

髪と地肌に優しいヘアマニキュアの場合、1回では思ったように染まらない場合もあります。

昨今では、トリートメントタイプで、髪をキレイに丈夫にしながら、少しずつ染めるタイプの白髪染めもありますので、色々検討してみると良いでしょう。




白髪の悩み解消ガイドTOPへ

白髪の悩み解消情報

白髪について

白髪染めガイド

当サイトについて