白髪 部分染め|白髪 悩み

白髪の原因やメカニズムから、白髪予防・改善方法・白髪用のカラートリートメントまで、白髪の悩み解消方法などを総合的にご紹介!

白髪の部分染め

白髪の悩み解消ガイド06

白髪の部分染めには、ヘアマニキュアタイプのヘアカラートリートメントがオススメです。

白髪用 利尻ヘアカラートリートメント、カラードボーテ、ピュアハーバルヘアカラー、白髪染め レフィーネなどは、お風呂タイムのシャンプーついでに使えますし、部分染めにも便利です。

一度、全体を染めてから、毎日のケアは、白髪の特に気になる生え際など、部分染めにするなどの工夫もできます。

無添加で、脱色をしないため、ツンとした嫌な匂いがなく、天然の植物色素で染めるので髪に優しい白髪染めです。

トリートメントタイプは、1回でバッチリとは染まりませんが、美髪のための美容成分などが配合されているため、髪を健康に美しくしながら徐々に染めることができるのでオススメです。

生え際の白髪

白髪の悩み解消ガイド13

生え際の白髪など、気になると抜いてしまう人も多いようですが、頭皮のトラブルの元となり、オススメできません。

抜くことで白髪が増えたりはしませんが、頭皮や毛根を傷めてしまい、更に白髪を悪化させる結果につながることがあります。

生え際が曖昧になるうよな髪型を工夫したり、それでも気になる場合には、白髪染めで目立たなくするのが良いでしょう。

頭皮を傷めると、白髪を悪化させることがありますので、生え際を染める際には、頭皮や髪にやさしいヘアマニキュアタイプなど、無添加の白髪染めを使用するのがオススメです。

トリートメント成分配合のものなど、白髪染めでありながら、髪を美しく、ハリや、コシ、ツヤを与えてくれるものもあります。

髪がしっとりと美しくなることで、白髪が目立たなくなる効果もあります。

白髪用のカラースプレー

白髪の悩み解消ガイド12

カラースプレーは、一時的に髪の表面に付着するだけで、髪の内部には浸透しませんので、シャンプーで簡単に洗い流せます。

髪へのダメージは少ないので、急いでいる時など、髪の生え際などの白髪の部分染めに使用したり、一度に広範囲をカバーしたりできて便利です。

ただし、スプレータイプは、一時的なものですから、シャンプーで色落ちしますし、雨などにも注意が必要となります。

あくまで、一時しのぎですが、美容院に行くまでの、つなぎとして使用するなど、用意しておくと何かと重宝です。

カラースプレーの中には、2回くらいのシャンプーに耐えるものも出てきています。

メッシュカラー用のカラースプレーなどもあり、色も豊富にあるので、オシャレアイテムとして利用することもできます。




白髪の悩み解消ガイドTOPへ

白髪の悩み解消情報

白髪について

白髪染めガイド

当サイトについて