白髪染め|白髪 悩み

白髪の原因やメカニズムから、白髪予防・改善方法・白髪用のカラートリートメントまで、白髪の悩み解消方法などを総合的にご紹介!

白髪染め

白髪の悩み解消ガイド15

白髪染めの方法としては、染毛剤として、カラースプレー、ヘアマニキュア、ヘアカラー、ヘアリンスなど多種多様があります。

ヘアマニキュアは、髪の外側に色素を吸着しコーティングするタイプで、手軽で、髪が傷まない方法ですが、色が長持ちしない欠点があります。

ヘアカラーは、髪の色を脱色し、内部にも色素を入れる方法で、キレイな色に染まり、色が長持ちしますが、髪や頭皮にダメージがあります。

また、ヘアマニキュアタイプとうたわれていても、ヘアカラー剤とヘアマニキュアの混合タイプであることもありますので、注意が必要です。

昨今は、白髪染めとして、嫌な匂いが無く、簡単に一人で染めることができ、使用するごとに、徐々に染まって行く、ヘアカラートリートメントが増えてきています。

白髪染めの口コミ

白髪の悩み解消ガイド13

白髪染めの口コミで評判の良いものは、白髪用 利尻ヘアカラートリートメント、カラードボーテ、ピュアハーバルヘアカラー、白髪染め レフィーネなどの、髪を傷めないトリートメントタイプです。

1回でバッチリ染まるというよりは、使い続けるうちに、徐々に染まって行くのが特徴です。

髪を脱色する成分が含まれていないため、黒髪部分は染まりませんが、白髪部分は自然に染まって行き、目立たなくなります。

トリートメントタイプや、シャンプー感覚で、手軽な点と、白髪を染めながら、髪がキレイになって行くのが、口コミで高い評価となっているようです。

毎日のシャンプーついでに、手軽に染められるので、白髪染めをしていると気付かれにくいのも良いようです。

白髪とカラー

白髪の悩み解消ガイド07

白髪をカラーリングする場合、全体を明るい色にしたい場合には、黒髪部分をある程度脱色してから全体を染めることになります。

2液を混ぜるオシャレ染めタイプでのカラーリングとなりますので、どうしても、髪を傷めることになります。

白髪染めで全体を同じ色合いにするためには、黒く染めるのが良いですが、元の黒髪よりも、更に全体が黒くなることが多いため、好みが分かれるようです。

髪を傷めずに白髪染めをする場合、トリートメントタイプや、ヘアマニキュアタイプでカラーリングする白髪染めがオススメですが、この場合、黒髪部分は明るく染まりません

それでも、白髪のみが徐々に染まり、全体的に見た時に白髪は目立たなくなりますし、トリートメント効果で髪がキレイになることでも、白髪は目立ちにくくなります。

更に、手軽にシャンプーついでに染められるため、生え際の白髪が目立ちにくくなる良さがあります。




白髪の悩み解消ガイドTOPへ

白髪の悩み解消情報

白髪について

白髪染めガイド

当サイトについて