白髪 ヘアカラートリートメント|白髪 悩み

白髪の原因やメカニズムから、白髪予防・改善方法・白髪用のカラートリートメントまで、白髪の悩み解消方法などを総合的にご紹介!

ヘアカラートリートメント

白髪の悩み解消ガイド02

白髪染めとして、昨今は、ヘアカラートリートメント・タイプが増えてきました。

無添加で、ツンとした嫌な匂いが無く、染めながら髪をトリートメントして労ることのできる白髪染めです。

徐々に染まって行き、1回では染まりにくいですが、シャンプーついでに染められて手軽です。

オススメのヘアカラートリートメントとしては、白髪用 利尻ヘアカラートリートメント、カラードボーテ、ピュアハーバルヘアカラー、白髪染め レフィーネなどがあります。

カラードボーテは、カラーリングと、髪や地肌への優しさのどちらも優先した、豊富な全7色のヘアマニキュアタイプの白髪用ヘアカラーです。

白髪染め レフィーネは、塗って洗い流すだけで簡単、全9色で、更にブレンドもOKで好みの色をつくることができる、クリームタイプの白髪染めです。

白髪用 利尻ヘアカラートリートメントは、髪を傷めず、簡単にカラーリングできる新感覚の白髪染めです。

ピュアハーバルヘアカラーは、天然のトリートメント成分が78.2%で、白髪染めなのに使うたびにサラツヤ髪になって行きます。

白髪のぼかし

白髪の悩み解消ガイド01

白髪のぼかしは、通常の白髪染めとは違い、黒髪と白髪の境目を、淡い色調でぼかして、白髪を目立たなくさせる方法です。

ある年代以上になると、白髪を真っ黒に染め上げる方が不自然になってしまうこともあります。

白髪のぼかしは、白髪を目立たせず、全体をグレー系にまとめることができます。

また、白髪のぼかしは、白髪染め独特の赤っぽい色が苦手な人などにもオススメです。

美容院などでプラスメニューとして染めてもらえる他、自分で染められるものが通販などで販売されています。

比較的、匂いが少なく、髪も傷まず、退色しても赤っぽい色がでないのも特徴で、白髪染めをしたと気付かれにくいのも良いようです。

新しく毛が伸びてきた際も、黒く染めていないため、染めた部分と新生毛との境目が目立たなくなっています。

白髪のカラーリング

白髪の悩み解消ガイド12

白髪のカラーリングとしては、美容院で白髪と黒髪を同じ黒色に染めるカラーリングの他、グレー系やブルーグレーに系に染める白髪のぼかし黒髪を少し明るめにして白髪を目立たなくさせるなどの方法もあります。

脱色してから行うカラーリングの場合、自分で染めるのは案外難しくトラブルの元なので、キレイに髪を極力傷めずに染めるためには美容院に相談するのが良いでしよう。

アルカリカラーの白髪染めは、2液を混合するタイプが殆どで、オシャレ染めほどの脱色作用はありませんが、薬品に脱色・染毛の両方の成分が含まれていて、髪を明るくしながら染めることができます。

ヘアマニキュアは、髪の表面に付着して発色するため、黒髪を明るくすることはできませんが、白髪のみに色がつき、髪を傷めません。

ヘアマニキュアは、頭皮や皮膚につくと取れないので注意が必要です。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、頭皮や皮膚についても簡単に洗い流せるものが多いようです。




白髪の悩み解消ガイドTOPへ

白髪の悩み解消情報

白髪について

白髪染めガイド

当サイトについて