白髪 メカニズム|白髪 悩み

白髪の原因やメカニズムから、白髪予防・改善方法・白髪用のカラートリートメントまで、白髪の悩み解消方法などを総合的にご紹介!

白髪のメカニズム

白髪の悩み解消ガイド06

白髪のメカニズムは、昨今になって、ようやく解明されはじめてきたようです。

毛母細胞が作り出す毛髪はもともと白髪で、メラノサイト(色素細胞)が作りだしたメラニン色素が、毛髪内に取り込まれることで髪の色は決まります。

髪の色を決めるメラニン色素は、メラノサイト(色素細胞)によって、アミノ酸の一種のチロシンから作られます。

しかし、メラノサイトの働きが弱まったり、消失したりすることでメラニン色素が作られないと、髪は白髪のまま成長してしまい、いわゆる白髪になってしまうのです。

白髪のメカニズムを簡単に言ってしまえば、色素を決めるメラニン色素が、何らかの原因で作られなかったり、取り込めなかった際に白髪になる、ということです。

色素を何らかの原因で作れなくなっている色素細胞が、正常に働いてくれるようになれば、白髪も改善される可能性があるようです。

白髪の防止方法は?

白髪の悩み解消ガイド11

白髪の防止方法は、今の所、決定的なものはないようです。

ただ、白髪に関しての研究は進められていますので、近い将来には、白髪の防止も可能となるかもしれません。

昨今、発見された色素幹細胞は、色素細胞のもととなると言われています。

毛根の中程に密集してる色素幹細胞は、毛の生えかわる周期に従って毛根側へと動いて、毛母基で色素細胞となりメラニン色素を作りだすのだそうです。

この色素幹細胞の働く条件が解明されれば、白髪の予防も可能となるかもしれません。

今の所、極力白髪を防ぐためには、ストレスをためない、バランスの良い食事を心がける、規則正しい生活を心がけ、睡眠不足にならないようにする、など、健康を心がけることが近道のようです。

白髪対策とヘアサイクル

白髪の悩み解消ガイド07

白髪対策として、白髪を見つける度に、抜いて処理する人もいるようですが、白髪は抜くことで悪化しますので、抜かずに切るか、染めるかした方が良いでしょう。

白髪だけでなく、髪は抜くことで、毛根を痛めてしまい、髪が抜けやすくなったり、色素が抜けてしまったりします。

髪は同じ毛穴から何本か生えていますので、抜くことにより、他の髪まで傷めてしまいますので要注意です。

髪には寿命があり、いずれは自然に脱毛し、新たに髪が生えてくるヘアサイクルがあります。

無理に髪を抜いたり、自然に脱毛したりの際に、色素細胞が減ってしまうことがあり、場合によっては、新しい髪が生える際に、色素細胞が再配置されないことがあり、その場合、白髪になってしまいます。

無理に髪を抜くことで、色素細胞が再配置されない危険性がありますので、白髪は抜かないようにしましょう。




白髪の悩み解消ガイドTOPへ

白髪の悩み解消情報

白髪について

白髪染めガイド

当サイトについて